等分除・包含除は英語で何という?

 

こんにちは。ジャマイカの教育省で働きながら、学習塾をやっているフルータです(@Furuta_Jamaica)。

 

割り算には等分除・包含除の2つの意味がありますね。

これらはそれぞれ英語で

  • Partitive division
  • Quotative division

と呼ばれます。

 

今日は等分除・包含除を英語で見ていきたいと思います。

 

そもそも等分除・包含除って?

割り算の計算は2つの状況で使うことができます。

まずはそれを6÷3の例で見ていきましょう。

 

等分除

等分除の割り算を表す場面として以下の例が考えられます。

等分除
6つのリンゴを2人に同じ数ずつ分けると、一人分はいくつですか?

このように、全体をいくつかに同じように分ける割り算が等分除です。

 

包含除

包含除の割り算を表す場面としては以下の例が考えられます。

等分除
6つのリンゴを2つずつに分けると、何人に分けられますか?

このように、全体をいくつかずつに分けていく割り算が包含除です。

 

つまり

  • 決まった人数に何個ずつ配れるか⇒等分除
  • 決まった個数を何人に配れるか⇒包含除

と言えます。

 

英語では?

ではこれらの割り算が英語で何と呼ばれるか見ていきましょう。

 

等分除:Partitive Division

等分除はPartitive Divisionと呼ばれます。例えば、

Partitive Division
Kim baked 12 cookies. If she shares them equally among her 3 friends, how many cookies does each friend get?

こんな問題がPartitiveに当てはまりますね。

つまり、How many in each group?を考えるのがPartitive Divisionです。

 

包含除:Quotative Division

一方、包含除はQuotative Divisionと呼ばれます。

Quotative Division
Kim baked 12 cookies. If she gives 3 cookies to each of her friends, how many friends can she feed?

このような問題がQuotativeです。

つまり、How many groups?を考えるのが Quotative Divisionです。

 

まとめ

ややこしい等分除・包含除ですが、

  • How many in each group?

であれば等分除(Partitive)、

  • How many groups?

であれば包含除(Quotative)、というまとめになりました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「どんな家に生まれても、逆転するチャンスを」 ジャマイカの教育省で働きながら、算数・プログラミングの塾を起業しました。 日本の教員が海外でも通用することを証明するために、チャレンジしている様子を発信していきます。