マインドストームEV3をScratch3.0でプログラミング!【設定方法解説】

 

こんにちは、ジャマイカで学習塾をやっているフルタ(@Furuta_Jamaica)です。

 

LEGOマインドストームEV3とScratch3.0の接続方法をお探しですか?

 

小中学生に広く人気のScratch3.0ですが、その導入として教育レゴEV3と組み合わせることによって何倍も効果が出ると思っています。

画面上だけでなく、目の前で実物が動いているという事が子どものやる気を上げてくれる一番のモチベーションになるからです。

 

というわけで、この記事では

マインドストームEV3をScratch3.0で動かすための設定方法

を解説します。

10分もあれば完了しますので、ぜひやってみてください!

 

では早速見ていきましょう。

 

1.Scratch Linkをインストール

まず最初に、Scratch3.0とEV3を接続するためのソフトウェアであるScratch Linkをパソコンにインストールします。

 

インストールは以下のサイトから行うことができます。

windows: https://www.microsoft.com/ja-jp/p/scratch-link/9n48xllczh0x?activetab=pivot:overviewtab

macOS: https://apps.apple.com/us/app/scratch-link/id1408863490

 

ここではWindowsでのやり方を紹介しますね。手順は以下の通りです。

上のリンクを開くと、MicrosoftのScratch Linkページに移ります。

 

入手→Microsoft Storeを開く、を押してストアに移動し「入手」を選択します。

 

以下のように、ダウンロードが完了したら起動しましょう。

無事に起動までされていれば、パソコン下のツールバーに表示されるはずです。

 

macOSの場合はこのような表示がされます。

 

これでScratch Linkのダウンロードは完了です!

 

2.Scratch 3.0を開く

次にブラウザでScratch3.0を開きます。

Scratch3.0:https://scratch.mit.edu/

 

こんな画面がでるはずなので、「作る」を押します。

プロジェクト画面が出てきます。チュートリアルはスキップしてOKです。

 

このプロジェクト画面左下の、拡張機能を追加ボタンを押します。

これで、拡張機能の一覧ページに移ります。

 

3.拡張機能からEV3を選ぶ

拡張機能が一覧で表示されますので、EV3用の機能を選択してください。

 

4.Scratch3.0とEV3を接続する

そのあと、EV3の中央のボタンを押してオンにするとお使いのEV3がリストに表示されます。

接続してあげましょう。

これで完了です。カンタンですよね。

 

エディターに戻ると、EV3用のブロックがパレットに追加されています。

 

これで、お手元で作ったロボットを、Scratchベースのプログラミングで動かすことができるようになりました。

お疲れさまでした!

 

EV3-Scratch接続まとめ

ここまで、EV3とScratchを接続する方法についてまとめてきました。

是非、EV3を使ってScratchの理解を深めてくださいね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です