【元を取る】テックアカデミーのPHP/Laravelコース受講前にやるべき4つの事【おすすめ学習法】

 

ジャマイカのフルタ(@Furuta_Jamaica)です。

 

先日、TechAcademyのPHP/Laravelコースを受講した感想を記事にしました。↓

TechAcademy[テックアカデミー]のPHP/Laravelコースでオリジナルサービス開発してみた!

 

今日は、その効果を最大にするためにPHP/Laravelコースを受講する前にやっておくべきことを4つ書いていこうと思います。

 

TechAcademyの講座を最大活用するには?

感想の記事でも正直に書いたのですが、完全プログラミング初心者さんはまだ受講しなくてもいいと思っています。

というのは、他の書籍や動画教材で学べることに時間を費やすのはもったいないからです。

 

TechAcademyを受講する最大の利点は、経験豊富なメンター陣に質問を無制限にできることです。

なので、基本的な内容が書いてあるカリキュラムは復習的な役割として活用し、より実践的なアドバイスが必要なオリジナルサービス開発の方に時間を割くべきです。

 

そのために、ある程度自分で伸ばせる範囲まで独学で学習を進めていくことを強くオススメします。

 

では、実際に独学である程度やった+PHP/Laravelコースを受講した僕が役になった学習方法をシェアしていこうと思います。

 

Laravelコースに必要な学習項目

受講前にやっておくべき項目は以下の4つです。

  • HTML/CSS
  • Bootstrap
  • PHP
  • Laravel(を触ってみる)

 

では具体的に見ていきましょう。

 

HTML/CSS

Laravelコースの最初ではHTML/CSSを学習します。

はっきり言って、ここから0で始めるのは本当にやめた方がいいと思います。

 

この講座の一番の目的はPHPのフレームワークであるLaravelを学習することです。

デザインを勉強するのは、講座以外でも色んな方法で行うことができます。

 

最低でもProgateのHTML/CSSレベルの基本的なデザインは行えるようにした状態で受講したいところです。

 

Progateをやってもなんだか理解した気になれない人は、こちらの書籍がおすすめです。

このレベルができれば、講座内のHTML/CSSは全く問題ありません。

 

Bootstrap

デザインをより高速で行えるようにするためにBootstrapを学習します。

オリジナルサービス開発の時などは、デザインにかける時間はあまりありません。

 

とりあえずデザインはBootstrapでざっくり作っておいて、講座終了後に修正していくので問題ないと思います。

僕はこのUdemyの動画で学習しました。

Bootstrap 4 From Scratch With 5 Projects


言語は英語なんですが、動きを見ながら一緒に学習していけばちゃんと理解できます。

また、教材としてチートシートもダウンロードできるんですが、すごく便利で今でも活用しています。

 

おすすめです!

 

PHP

ProgateのPHPコースをやりましょう。

基本的なことをしっかり理解できれば、書籍や動画教材は必要ないんじゃないかと思います。

 

Laravelを触ってみる

これは+αかもしれませんが、まず受講前に少し触ってみてどんな感じなのかを知ってみる、というのがすごく大事だと思います。

 

これには書籍を使って学習しました。

書籍に関してはこれ一択です!

 

これからLaravelを学習していく方は絶対に持っておいた方が良い一冊だと思うので、強くオススメします!

 

それに加えて、僕はudemyの動画も一つこなしました。

 

Projects in Laravel: Learn Laravel Building 10 Projects


こちらも言語は英語ですが、動きをマネしながらやっていけば理解できると思います。

内容は18時間以上あり、めちゃめちゃ濃いです。

僕が買ったときには1800円くらいでした。Udemyは頻繁にセールをやるのでチェックしてみてくださいね。

 

実際にプロダクトを一つ作ってみるという体験ができるので、余裕のある方にはおすおすすめします。

 

オリジナルサービス

もう一つ、成長できるかどうかの大きな基準として「作りたいと思うプロダクトのアイデアがあるか?」という点があると思います。

 

何故なら、特に作りたいものが無い場合には、機能実装への興味ややる気が湧きにくいからです。

僕は、塾で実際に使えるアプリケーションを作りたいという思いがあったので、こんな機能も欲しいなあ…と考えながら学習を進めていました。

このように、実践的な状況になればなるほど好奇心や興味が生まれ、成長スピードも加速すると思います。

 

なので受講する前から、自分だったらどんなサービスを作るだろうか?という事をイメージして、実践的なオリジナルサービスを作るための準備をすることが大事だと思います。

 

まとめ

ここまで、TechAcademyのPHP/Laravelを最効率で進める方法について書いてきました。

 

メンターさんたちのレベルは素晴らしいので、ぜひ自分のオリジナルサービス開発にその価値を活用できるよう、ある程度の事前準備をして臨んでもらえたらと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「どんな家に生まれても、逆転するチャンスを」 ジャマイカの教育省で働きながら、算数・プログラミングの塾を起業しました。 日本の教員が海外でも通用することを証明するために、チャレンジしている様子を発信していきます。