ゲームアプリ開発初心者がUnityを使ってコンテスト最優秀賞を取るまでにやったこと

 

こんにちは、ジャマイカの教育省で働きながら学習塾を起業したフルータ(@Furuta_Jamaica)です。

 

この度、TechAcademyのコンテストでプログラミング部門最優秀賞を頂きました!

TechAcademyのコンテストでプログラミング部門・最優秀賞を受賞しました!

 

この記事を読んでくださっているという事は、「Unityやゲーム開発の勉強方法」について興味のある方なんじゃないかと思います。

今日は、Unity初心者だった僕がコンテストを取るまでの勉強方法を公開することで、誰かの参考になる記事がかけたらなあと思っています。

 

いきなり結論から言うと「Unityでオリジナルアプリを作ってみたい」という人は、ある時点からTechAcademyを受講することを強くオススメします。

ただ注意した方がいいことがあるので、今日は僕の勉強の記憶を振り返りながら、どう受講すれば最も有効か書いていきますね!

 

最強のメンター陣を無駄使いするな

まず最初に大前提として、僕は個人的に「全くの初心者さんはTechAcademyはまだやらないほうがいい」と思っています。

 

TechAcademyではすごくレベルの高いメンターさんたちがいつでも相談に乗ってくれるという、盤石のサポート体制を用意してくれています。

なのでオリジナルアプリなどを作るときには、一人一人それぞれの悩みに合わせて的確なアドバイスをくれます。これ本当最強です。

だからこそオリジナルアプリを作りたい人は、絶対にTechAcademyを受講した方がいい。

 

ただ、それがUnityを触ったこともない、プログラミングをやったこともない人だったらどうでしょう?

出てくる質問はまだ初歩的なもので、調べたり独学すればわかるようなものになると思います。

もちろんそれでも通常よりも成長するんでしょうが、メンターのレベルを考えるとそれだけではもったいないというか、宝の持ち腐れのような気がします。

 

なので、個人的にはある程度まで独学で学習を進めて、少し独学に限界が見えてきたときに受講するのがいいのではないかと考えています。

 

ではここからは、僕が実際に行ってきたおすすめのUnity勉強方法を紹介していきます!

 

Unity独学期

まず、プログラミングをやったことがない人はUnityに必要なC#を使えるようにしましょう。

ProgateにはC#の講座はありませんが、ドットインストールにはありました。

 

ただ、それだけだと少し不十分なので書籍でも学習するのがオススメです。

 

本で勉強

本はこれ一択!

正確にいうと僕は2017版を使っていましたが、またさらに最新版が更新されているのでこちらでいいと思います。

 

イラストや図解を使ってゲームを作る前の根本的な考え方から教えてくれるので、めちゃめちゃ分かりやすかったです!

本はこれ一冊でいいと思います。

 

Udemyで勉強

本を読んだ後に、僕はUdemyの動画で5つくらいアプリを作りました。

 

一つ目の動画は、こちら。

 

アクションゲームをまるごと作って体験できる!Unityゲーム制作ハンズオン

猫が餌を取りながら進む2Dゲームです。

本で学んだ人なら問題なくついていけるはずです。

ここで一つ形になるものを作れたのですごく自信になりました。

 

2つ目がこちら

 

Complete C# Unity Developer 2D: Learn to Code Making Games

海外の方が出している動画なんですが、これ本当に最高です!

ブロック崩しやインベーダーゲームから始まり、最後には結構しっかりしたゲームまで作れるようになります。

なんといっても動画の合計実感は61時間!!!ww

動画の本数は365本入っています。コンテンツが濃すぎてこれ見るだけで相当なレベルになれると思います。

それで、1800円しないくらい(2018/11/30現在)の価格なので、安く設定しすぎじゃないのって感じです。

 

動画の中身が英語なんですが、ある程度事前知識のある人なら意外と言っていることが理解できてびっくりすると思います。

字幕も出ますし手順に沿ってマネしていれば出来ていくので、英語が苦手な方でもしっかり学べると思います。

Udemyは頻繁に大幅な割引をやっているので、ぜひチェックしてみてください。

 

TechAcademy受講開始

こんな感じで独学で基礎的な知識をつけていきました。

そして、いざTechAcademyに申し込みをして、受講開始です!

 

TechAcademyのカリキュラムの良いところで、振り込みをした瞬間から教材を先に見られる!という点がありました。

僕は独学でまあまあ学んでいたので、受講期間が始まる前にほとんどの課題を終わらせてしまいました。

なので、数日目にはもうオリジナルアプリの開発を始めることができました。

 

それと、僕の場合はもともと作りたいものが明確に決まっていたんですよね。

受講にあたって元々作りたいものが明確にある人などは、モチベーションも効率も上がると思います!

 

具体的には

  • メンターさんとのメンタリングの際に作りたいものを伝える
  • 必要な知識やゲームの設計などのアドバイスをもらう
  • 次のメンタリングまでにそれを実装する
  • 分からないところはチャットで聞く
  • またメンタリングする

という感じで、僕にあったゲーム開発を進められるように活用していきました。

こんな感じで、TechAcademyの受講期間を過ごし、成果物をコンテストに提出した、という流れです。

 

プログラミンスクールはどこも高額ですが、Unityコースのメンターさんたちのレベルを考えると全然よかったなと思います。

独学でやっているときは、難しくなるほどに調べることに時間を使うことが多くなり、楽しさが減ってくるんですよね。

 

そんなとき、メンターさんにサクッと聞けばサクッと答えてもらえるので、相当な時間の節約になっていると思います。

というか、メンターさんがいなければこのゲームはそもそも作れなかっただろうな。

 

Unityコースのメンターさんたち、ありがとうございました!

 

最強のメンター陣を有効活用しよう

ここまで書いてきたように、全くの初心者でTechAcademyのUnityコースを受けようと思っている人は、もう一度考え直してみてもいいかもしれません。

 

一方で、ある程度勉強をしたオリジナルゲームを作りたい人にはTechAcademy絶対おすすめです!!!

 

悩んでいる人はぜひ勇気を出して挑戦してみてください!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「貧困層の子どもたちに逆転するチャンスを」という理念のもとに、ジャマイカの教育省で働きながら、算数・プログラミングの塾を起業しました。 日本の教員が海外でも通用することを証明するために、チャレンジしている様子を発信していきます。