自然電力100%の「ハチドリ電力」さんと提携させていただきました。

 

こんにちは、ジャマイカで学習塾をやっているフルタです。

 

先日、最近色々なところで耳にするようになった「ハチドリ電力」さんと提携させて頂くことになりました。

知り合いや友人から、「ハチドリ電力って何が違うの?」「提携って何をするの?」と聞かれることが増えたので、この機会にハチドリ電力さんのことについて記事を書いてみようかと思います。

 

ハチドリ電力とは

異常気象など、地球温暖化による社会問題が深刻化している今、その主な原因の一つである二酸化炭素の排出を抑制していくことを目的にしてスタートしたのが、このハチドリ電力です。

ハチドリ電力では自然に優しいCO2ゼロの自然エネルギー100%の電力を供給しています。

 

そして、環境に優しいことだけがハチドリ電力の凄い点ではありません。

他にも、1%を自然エネルギー発電所の開発に使ったり、社会活動家やNPOへの支援に使っています。

このポイント3のところで、僕の活動も支援していただけることになりました。

古田優太郎に電気で寄付|ハチドリ電力

 

環境だけでなく人や社会にも優しい事業ですよね。

 

 

ハチドリ電力の事業内容・料金

環境に優しい事業というと値段が高額になりそう、と思う人もいると思いますが、そうでもないようです。

というのもハチドリ電力では、電気代自体に利益は一切乗せず、かかる経費+会費500円で値段設定をしているからです。

つまりどれだけ使っても、あまり使わなくても、その分プラス500円しかかからないということなんです。

だから人によっては、電気料金が元より安くなった!ということもよくあるみたいです。

 

電気料金はシミュレーションもできるそうです。

自宅の電気料金がいくらになるのか、一度チェックしてみてもいいかもしれませんね。

料金シミュレーション

環境に良くて、価格設定も優しいというハチドリ電力ですが、それを可能にする秘密は事業を行っているボーダレスジャパンという会社にありました。

 

ボーダレスジャパンという会社

このハチドリ電力という事業を行っているのは、福岡を拠点とするボーダレスジャパンという会社です。

このボーダレスジャパン、アツくてやっていることも素晴らしく最高な会社です。

社会問題をビジネスで解決するというビジョンで、国内外でソーシャルビジネスを広げられていて、その数35社(HPより、2020/8時点)にもなっています。

この35社がそれぞれ利益を追求するのではなく、それぞれの余剰資金を共有することで共同体経営という形で事業を行っているそうです。

 

こういったシステムがあるからこそ、お金儲けだけになるのではなく「社会の為の」事業が行えるのかもしれませんね。

 

社長の田口一成さんが素敵

そして、このボーダレスジャパンの社長の田口さんがとても素敵な人です。

僕もオンラインイベントで対談させて頂きましたが、真摯に話を聞いてくださって「こういう人からこういう事業は生まれるんだなあ」と思いました。

 

こういった社会に意義のある活動を支援するときには、代表の人がどういう思いを持っているかという事も凄く大事ですよね。

田口さんの有名なTEDでの講演です。

これを見て何かを感じられた方は、是非ハチドリ電力もチェックしてみて欲しいと思います。

 

ハチドリ電力の評判は?

今回提携させてもらうにあたって、僕の日本の実家もハチドリ電力に変えてもらいました。

検針票があれば切り替えもWeb上ですぐに終わり、工事等も必要が無く両親も簡単だったと言っていました。

うちの両親でもできるなら、誰にでもできるはず!(笑)

その後も何のトラブルもないようなので、僕も安心しています。

 

何か分からない事等あれば、Q&AやLINEでの相談フォームからいつでも相談できるようです。

 

オンラインイベント「ハチドリTALKs」

電気料金を通して支援できる支援先ですが、本当に魅力的な支援先がたくさんあります。

支援先の活動を知ることができるイベントとして、オンラインイベントの「ハチドリTALKs」というものがあります。

 

YouTubeで色々な活動されている方のお話を聞けるので、チェックしてみて下さい!

 

 

ハチドリ電力まとめ

というわけで、今回はハチドリ電力について概要を書いていきました。

本当に素晴らしい事業だと思いますので、一度HPをチェックしてみてくださいね。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です