プログラミングの導入におすすめなロボット教材厳選3つ【子供から大人まで】

 

こんにちは、ジャマイカで学習塾をやっているフルタ(@Furuta_Jamaica)です。

 

少年
プログラミングを始めたくて、プログラミングを学べるロボットを探しているんだけど、いっぱいあって困る…。

どれにすればいいんだろう…?

と悩んでいる方、いるんじゃないでしょうか?

 

「プログラミング ロボット」とかで検索をかけてみただけで、20種類くらいのロボット教材がでてきて、本当のところ何が一番いいの???と迷ってしまっている方も多いと思います。

 

僕はジャマイカで学習塾をやっていて、これまでジャマイカの1000人以上の子どもたちにプログラミングを教えてきました。

そして12,3種類のロボット教材を使ってきた中で、どういった教材が「本当の意味で」優れているのかという事が分かってきました。

 

今日は、その僕の経験から特に優れている絶対に間違いの無いロボット教材だけを3つ厳選して紹介したいと思います。

少しでも参考になれば嬉しいです。早速見ていきましょう!

 

 

プログラミングにロボット教材が有効な理由

プログラミング学習を始めるための教材というのは色々とあるんですが、その中でも僕はロボット教材を強くオススメしています。

これは実際に自分が教えてみて気付いたことでもあるんですが、色んな面でプログラミングを教えるのに合理的なんです。

 

実際に動くので実感が持てる

僕が大学生の時初めてプログラミングに触れたとき、いきなりC言語を書かされて全く楽しさを理解できなかったのを今でも覚えています。

最初はそれが何に活かされるのか、何が行われてるかをイメージできないので楽しくないんですよね。

それが子供だったらなおさらだと思います。

 

そういう意味でロボット教材は最適です。

自分で作ったプログラム通りにロボットが走ったり回ったりしてくれるので、目の前でプログラミングの楽しさを感じることができます。

まず最初はプログラミングに慣れる・楽しむというのが一番重要です。

そういう意味でロボット教材は最も有効だといえると思います。

 

発展的に学べる質の高い教材がある

さらに、今のロボット教材の中には発展的に学び続けられるようになっている教材があります。

一時的に遊んで終わりという形ではなく、基礎から実際のプログラミング言語にまで繋げられるように作られているんです。

 

導入から発展まで、同じロボットを使って学んでいけるのはいいですよね。愛着も湧いていくと思います。

 

 

ロボット教材を選ぶポイント

おすすめロボットを紹介する前に、ロボット教材を選ぶ時のポイントを挙げておこうと思います。

というのも、僕が使ってきたロボット教材の中にも楽しそうに見えたけど、いざ買ってみたらイマイチだったという教材もいくつかありました。

 

導入にしては難しすぎたり、発展性が無さすぎてすぐ飽きてしまわないように、以下のポイントを意識して選んでみてください。

 

スクラッチ等のビジュアルプログラミング

まず一つ目に、ビジュアルプログラミングが可能かどうかという点です。

 

ビジュアルプログラミングとは何かというと、難しいコードを書いていかなくても視覚的に行うことができるプログラミングの方法です。

代表的なものとしては、小学校でもよく使われるスクラッチがあります。

プログラミングが初めてでまずいきなり難しいものから始めてしまうと、挫折して嫌いになってしまう人もいると思います。

最初は慣れること、そして楽しめることが最優先です。

 

まずは、プログラミングの概念をざっくり学ぶことができるビジュアルプログラミング可能な教材から始めることをおすすめします。

ロボット教材だけでなくScratch自体の勉強方法に興味のある方は、是非こちらの記事も読んでみてください↓↓↓

Scratch(スクラッチ)のおすすめ勉強方法を解説!【無料で学習を始めよう】

2020.09.25

 

発展性があり長く使える

二点目にすごく注意してもらいたいポイントが、発展性があり長く使える、という点です。

僕がこれまで使ってきた教材の中でも、最初はすごく楽しいんだけど数日使っていたらすぐに飽きてしまうものもありました。

いくら最初が楽しくても、発展性が無ければ飽きられてしまうということなんです。

 

なので、どんな発展性があるのか、例えば実際のプログラミング言語を使えるとか、拡張キットがあるとか、そういった発展性のある教材を選ぶようにしてください。

 

おすすめロボット厳選3つ

とは言ってもじゃあどれを選べばいいの?という話だと思いますので、ここからは実際におすすめのロボット教材を紹介していこうと思います。

ここでは、上の二つの条件(ビジュアルプログラミング+発展性)を満たす、本当におすすめできるものを3つだけ厳選しました。

 

これらの教材であれば、間違いないです。では、一つずつ見ていきましょう。

 

(低学年) レゴ WeDo2.0

まず、小学校低学年くらいのお子さんを考えてらっしゃる場合は、レゴ エデュケーションのWeDo2.0が最適です。

【低学年におすすめ】教育版レゴWeDo2.0でプログラミング体験!学べる内容やコスパを解説します

 

子供に広く人気のレゴブロックを使ってロボットを作り、そのロボットをプログラミングして動かすことができます。

うちの塾で使う教材の中で人気No.1です。

 

組み立ても楽しく、カエルやゴリラ、車やヘリコプターなど豊富なモデルを作れるようになっています。

また、プログラミングに関してもスクラッチと連携しており、スクラッチの導入としても非常に優秀です。

 

この年代用のプログラミング用おもちゃはたくさん出ていますが、はっきり言ってできることや発展性の無いものが非常に多いです。

もしお子さんが小学校低学年でしたら、個人的にはこのWeDo2.0の一択です。

 

詳しいことはこちらの記事にまとめてありますので、是非読んでみてくださいね。

【低学年におすすめ】教育版レゴWeDo2.0でプログラミング体験!学べる内容やコスパを解説します

 

(高学年~大人①) マインドストームEV3

ここからは、小学校高学年から大人までが使えるロボット教材です。

まず一つ目に、レゴ マインドストームEV3です。

【高学年以上におすすめ】プログラミング教育の導入はレゴマインドストームEV3が最強です【デメリットも紹介】

 

この教材は、発展性という点で最強です。

PythonやC#, Javaといった実際のプログラミング言語を使ってプログラミングすることも可能なので、大人でも十分に楽しめるくらいの発展性です。

WROという世界大会もあり、子供から大人まで大人気です。

 

とは言っても入り口はビジュアルプログラミングで簡単にできるようになっていますし、専用アプリではチュートリアルなども充実しているので、プログラミングが初めての子供でも問題なく楽しめます。

 

質や発展性という点では、ロボット教材の中で間違いなく一番の教材です。

こちらにまとめていますので、もっと情報を知りたい方はこちらをご覧ください。

【高学年以上におすすめ】プログラミング教育の導入はレゴマインドストームEV3が最強です【デメリットも紹介】

 

無料で体験授業を受けてみよう

ここまで紹介してきた2つの教材に関しては、購入前に無料体験授業等を受講すれば

  • ロボット教材がどんなものなのか
  • 何を学べるのか
  • お子さんに合っているのかどうか

という事を見極めることができます。

 

無料で体験授業を受けられるスクールを以下の記事にまとめましたので、購入に悩んでいる方は是非覗いてみてほしいなと思います⇓

LEGOのロボット教材を無料体験できる教室オススメ2選

2020.09.28

 

(高学年~大人②) mBot

小学校高学年以上が対象のロボットをもう一つご紹介します。

 

Makeblock社が出しているmBotです。

こちらはEV3と似たロボット教材なんですが、価格が非常に安いのでコスパの面で最強な教材です。

【コスパ最強】Makeblock社のmBotロボットでプログラミングの基礎を学ぼう【必修化】

 

こちらの教材もビジュアルプログラミングから始められるようになっていて初心者でも安心ですし、Arduinoという言語を使ってのプログラミングも可能で発展性もばっちりです。

また、このロボットは拡張キットなども用意されているので、ロボットの規模や複雑性をレベルアップさせていくことが可能です。

 

専用のアプリの方ではチュートリアルなどが充実していて、子供ひとりで学んでいくことができるようになっています。

このクオリティで非常に低価格なので、コストパフォーマンスではNo.1の教材といえると思います。

 

こちらの記事で詳しく解説しているので、チェックしてみてください!

【コスパ最強】Makeblock社のmBotロボットでプログラミングの基礎を学ぼう【必修化】

 

 

プログラミングロボットまとめ

ここまで僕がおすすめするロボット教材厳選3つを紹介してきました。

 

ネット上を見ていると、色々な教材があって迷ってしまうと思います。

そういう場合は、上にも書いたように

ビジュアルプログラミングで視覚的に始められる

発展性があり長く使える

という視点で見てみてください。

 

今回の記事で紹介した

であれば間違いなく楽しく、継続してプログラミングを学んでいけると思います。

是非検討してみてくださいね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です